ガーリーについて

ga-ri-5

ガーリーな服装、ガーリーな雰囲気…最近よく聞くこの「ガーリー」という言葉。元々はガーリッシュからきています。じゃあ、ガーリッシュってどんな意味なのかと言えば、女の子らしい、少女の様なという意味なんですよね。英語で書くと「girlish」、そのまま女の子という意味になります。検索したり辞書で調べれば分かりますが、「garish」ではないのでご注意を!「garish」だと、ケバケバしいという意味になり、まったく意味が変わってくるんです。ケバケバしいというより、派手なという意味で使われる感じですね。ギャルギャルしいとも言って良いかもしれません。でも、このサイトは女の子らしい、少女チックな方のガーリー、「girlish」な話題を紹介するサイトです!可愛い女の子らしいファッションや話題が好き!という人なら、ぜひ除いてみてください。

でも、少女チックってどんなのよ?

ガーリーと言っても、最近だと色々な種類のガーリーがありますよね。ゆるふわガーリー、大人ガーリー、レトロガーリー…他にもまだまだあります。ファッション雑誌を見ると色々なガーリーが生まれては消え、生まれては消え…そんな諸行無常的なファッションなのか!?という気分。でも、ここ10年ほどで男性の方にも「ガーリー」は浸透してきましたし、今後も廃れることの無いジャンルにまで成長したと思います。…でも、実際「フェミニン」とどう違うの?と聞かれたら答えられない人の方が多いのではないでしょうか。

「フェミニン」と「ガーリー」の違い

ga-ri-4
フェミニンとガーリー、この二つの言葉は同時期に有名になった言葉ですよね。「女の子っぽい雰囲気」という意味で使われる事が多いのですが、実は結構違いがあったりします。
ガーリーというのは、最初に説明した通り「少女のような」という意味があり、ワンピースや花柄のデザインなど可愛い少女趣味な場合に使われる言葉です。一方でフェミニンは「女性らしい」という意味があり、比較的大人っぽいファッションや雰囲気に使われる事が多かったりします。つまり、大人女子はフェミニン、子供女子はガーリーという乱暴なくくりができるわけです。でも、決して大人と子供だから絶対にフェミニン!いや絶対にガーリー!という事はなかったりします。大人っぽいファッションでもワンポイントで花柄など可愛いデザインの小物を使う事だってありますし、自分に合う「女の子らしさ」を見つける事ができれば、言葉の意味なんてあってないようなものなんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加