週に1回沢山食べて痩せる!?「チートデイ」のやり方

ダイエットをしていて最もツラいのは「ダイエットしているのに痩せなくなった時」、つまり「停滞期」を迎えたときですよね。

食事制限や運動を続けているのに体重が落ちなくなると、つい落ち込んでしまってそのまま心が折れダイエットを挫折……なんてことにもなりかねません。

お腹いっぱい食べてダイエット停滞期を打破

チートデイ

そんなダイエット停滞期を打破する方法が、実は「お腹いっぱい食べること」だって知っていましたか?☆ そのメカニズムを知れば納得!

お腹いっぱい食べて痩せるダイエット方法「チートデイ」についてご紹介しましょう◎



チートデイで痩せる仕組み☆

まずは、チートデイで停滞期を脱出できるメカニズムを理解しておきましょう。
そもそも停滞期が訪れる理由は、食事制限を続けたことによって体が餓死の危険を感じ、少量の食べ物からたくさんの栄養を吸収しようとしたり脂肪をため込もうとしたりする「省エネモード」に突入するため。

チートデイ

「チートデイ」とは、日本語に訳すと「だます日」という意味です。体が危機感を感じている時に「チートデイ」を設けてお腹いっぱい食べることによって「しっかり栄養補給はされてますよ!」と体をだまし、省エネモードを解除して停滞期を脱出できるというワケです◎

チートデイのやり方♪

チートデイのやり方は、とにかくお腹いっぱい食べること! 食べる量の目安は、「基礎代謝量×3倍」と言われています。(基礎代謝量の計算にはコチラが便利です)

チートデイ

例えば基礎代謝量が1,300kcalの人なら、×3で4,900kcalの摂取が必要となります。

20~30代女性で運動量少なめの女性が1日で摂取すべきカロリーは1,750kcal程度ですので3倍近い食事が必要になりますが、間食も上手に取り入れればクリアは難しくありません。

ここぞとばかりに、普段我慢している大好物をお腹いっぱい食べましょう!

チートデイを取り入れてるダイエッターがいっぱい☆

このチートデイを取り入れているダイエッターが、実はチマタにはいっぱいいるんです! ▽▽▽

チートデイは週イチを守るのがミソ!

チートデイを成功させるポイントは、「しっかり食べること」そして「週に1日を守ること」です。

ダラダラと数日食べ続けてしまってはただの暴飲暴食ですし、せっかくのチートデイなのに中途半端な量で終わらせてしまうのも省エネモード解除に至らず失敗に終わってしまいます。


「今日はチートデイ!」と決めたら、その日は基礎代謝量×3倍のカロリーを食べきり、翌日からはまたしっかりダイエットに励みましょう☆

石川 海

石川 海

秋田出身・大阪生活を経て東京在住。ダンサー、北新地の高級ラウンジチーフ、秘書等の経験を経て、現在はライティングやキュレーションを行っています。好きな作家はO・ヘンリー。好きな食べ物はズワイ蟹のお刺身。最終学歴は、現在も人生という大学に在学中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です