それNG!リンパマッサージの効果を台無しにする失敗パターン3つ

顔や脚のむくみを取り除くマッサージといえば、リンパマッサージですよね。
でも「リンパマッサージをしても、イマイチ効果ない」と感じている人も多いのでは?

そんな人が知らないうちにやっている失敗パターンを3つご紹介します!

リンパマッサージの効果を台無しにする失敗パターン3つ

リンパの流れに沿っていない

リンパ1
出典:weheartit

リンパの流れはパーツによってそれぞれ違いますが、基本的には身体の内側から外側に向かって流れています。
これらの流れに逆らってなでていると、十分なマッサージ効果が得られないのです。

たとえば脚なら、足先→足首→ふくらはぎ→ひざ裏→太もも→脚のつけ根へと優しくマッサージしましょう。
正しい流れでマッサージを行うことで、むくみもスッキリしていきますよ。

リンパ節を意識していない

lymph02

リンパマッサージは、リンパ管が集中しているリンパ節へ老廃物を流すように行うことがポイントです。
なお、身体には多くのリンパ節が存在していますが、マッサージ中に特に意識すべき部分が以下の通りになります。

≪リンパ管が集中している部分≫

  • 耳の下
  • 鎖骨周り
  • 脇の下
  • ひじの裏
  • ひざの裏
  • お腹(おへそ)
  • 鼠径部(脚のつけ根)

リンパ節を意識していないと効果が半減するので注意しましょう!

肌を強くこすりすぎている

リンパ3

マッサージは強い力でやったほうが効果的、だなんて思っていませんか?
でもリンパは肌のすぐ下を流れているので、強い力でやる必要はありません。
強い力でこすると皮下組織を傷めてかえって流れが悪くなることもあるので、優しくなでるように行いましょう

また、肌を傷つけないためにオイルやクリームを塗りながら行ったり、服の上から行ってくださいね。

正しいリンパマッサージでスッキリボディに!

いかがでしたか?あなたが間違っていたポイントはあったでしょうか。リンパマッサージを正しく行って、むくみのないスッキリした身体を手に入れてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です